レイキ2.0 (臼井レイキ)

 

★レイキ2.0(臼井レイキ)の説明

 

レイキとは、「宇宙の生命エネルギーによるヒーリングの技法」です。2018年11月のプログラム改定に伴い「レイキ2.0」と名付けました。

 

生命エネルギーとは、「気」としても知られています。気功も、生命エネルギーによるヒーリングのひとつです。

 

レイキはその意味で気功と似ていますが、「アチューンメント」という技法によって、それが簡単にできるようにした新しいシステムです。

 

アチューンメントを受ければ、だれでも最初からある程度のエネルギーを使えるようになります。

 

また、波動に敏感すぎる人は、ネガティブな波動を受けにくくなりますし、宇宙のエネルギーを取り入れることによって、スピリチュアルな成長も促進される効果があります。

 

レイキはもともと、戦前に日本で始まったものです。日本ではその後、あまり知られなくなりましたが、レイキは欧米に伝わって、大きな発展をとげます。欧米では何百万人もレイキを実践しており、日本より知名度が高いのが現状です。看護系の大学など、カリキュラムの中にレイキが入っているケースもあり、病院などでも「代替療法」の一つとして西洋医学と併用されていたりします。イギリスでは健康保険が適用されます。

 

レイキは90年代ころに欧米から逆輸入され、日本でも広まるようになりました。現在では「NPO法人日本レイキ協会」もあります。

レイキは、創始者の臼井甕男(みかお)氏の名を取って、「臼井レイキ」とも言われます。これは、現在、その他のレイキもいろいろとあるので、区別するためです。ふつうにレイキといえば、臼井レイキのことを指します。

 

ヒーリングセンター・レインボーライトでは、このレイキによるヒーリング体験や、アチューンメントを中心とする講習を提供してまいります。

 

レイキ講習は四段階に分かれております。

 

第一段階(ファースト・ディグリー)からレイキのエネルギーが使えるようになり、自己や他者への基礎的なヒーリングができます。光エネルギーの感覚も理解されるようになります。レイキシャワー、光の呼吸法、合掌瞑想法などを学びます。

また、2018年11月の講習内容改定で、これまでの15ポジション(日本で広まっている12ポジション)に代わり、短時間で最大限の効果が得られる6ポジションを取り入れました。

 

≪ハレイが語る6ポジション≫

2018年となり、宇宙からエネルギーも急速に変わっております。このため、エネルギーワークも変化の時を迎えています。
レイキでのヒーリングもより短時間で、より深くエネルギーが入るような方法が必要になっております。
そこで、ここで従来よりも短縮したヒーリング法である「6ポジション」を提唱させていただきます。
この方式のポイントは、特に、頭頂から仙骨に向かう背骨のラインに特にエネルギーを流していくことにあります。
このラインは、脳脊髄液の流れという肉体的に重要なものであるとともに、高次元からのエネルギーが身体に入っていくルートでもあります。
このルートに沿ってエネルギーを流すことによって、多次元にわたるヒーリングが従来よりもはるかに短時間にできるようになります。
もちろんこのポジション以外に、やりたいと思える場所があればそれを加えてもかまいません。ただこの6つを最低限おさえることによって頭から背骨にそっての流れが確実になります。
新しいヒーリング法をお楽しみいただきたいと思います。

 

第二段階(セカンド・ディグリー)では3つのシンボルを使う技法を学んでパワーアップします。エネルギーの応用がひろがります。遠隔ヒーリングや微細なエネルギーを感じる方法などを学びます。

 

第三段階(サード・ディグリー)ではハイヤーセルフにつながるシンボルを授与され、スピリチュアルな成長をもたらします。光とのパイプが、堅固なものになります。高次元の光の世界を体感し、ハイヤーセルフなどとつながる方法を実習します。チャネリングも可能になります。

 

最後の第四段階は自分でアチューンメントができるようになるティーチャー養成コースです。

 

各段階は別個に申し込むため、どの段階まで進むかは自由です。ティーチャーコースについては、別の講習をおこないます。

 

 レインボーライトでは、レイキを、スピリチュアルワークの入門編として理解しております。このため、スピリチュアルな次元を感じる力を養成することを中心に、自分のオーラ体でエネルギーを知覚する練習や、高次元とのコンタクトの練習を重視しているのが特徴です。

 

 

★レイキ2.0講習について

 

【時間・料金について】

ファースト・セカンド・サードとも、2時間半の講習で22,000円にての提供となりますテキスト代は含まれません。

 

 

和田多紀子が担当しております。

 

場所は、長岡市内に会場を借りて行います。

 

日程については、随時調整の上、実施いたします。

 

 

ティーチャー(マスター)コースについては、こちらのページをごらんください。

 

他所でアチューンメントを受けられ、途中段階からの受講を希望されるときは、エネルギー状態をチェックした上で、実施させていただきます(再アチューンメントをおこなう場合もあります)。

 

再受講(すでに受けているディグリーをもう一度受講する場合)につきましては、個別にご相談に応じます。低料金で実施いたしますので、お問い合わせください。

 

次のようなコースもあります。

 

スカイプコース

遠隔の方に、スカイプを通して対面とほぼ同等の講習を受けていただくコースです。

 

レイキステップアップコース

レイキの体験をさらに深めたい方、また、アチューンメントは受けているけれども、もう一つ使えていないとか、実感がつかみにくいという人のためのコースです。スカイプでも受講可能です。

 

レイキ体験コース

レイキ未体験の方のために、レイキヒーリングを体験していただける低料金のコースです。

 

 

★レインボーライトでのレイキ2.0講習の特徴

 

  1. 受講料はファースト・セカンド・サードとも同料金です(ふつう、セカンド・サードと高くなることが多いです)。
     
  2. レイキヒーリングを体験したことがない方の場合、ファースト受講の前に、遠隔ヒーリングを無料でつけています。
     
  3. ファーストのヒーリングポジションについて、日本で一般的に教えられている「12ポジション」ではなく、短時間で最大限の効果が得られる「6ポジション」でお教えします。
     
  4. 「エネルギーの感じ分け」ができるようになることを重視し、肉体だけでなくオーラ体でエネルギーを感じることができるように指導しています。 (スクールによってはあまりこの練習をしないところもあり、レイキを習ったけれどエネルギーの感じがよくわからない、という人が多くいらっしゃいます)
     
  5. セカンドの講習では、講習後に、遠隔ヒーリングの練習を、無料でおこないます。
     
  6. サードの講習では、ドリーン・バーチューの『エンジェル・ガイダンス』を副読本に、高次元存在とのコンタクトの練習を重視しておこなっています。
  7. レイキを用いたエネルギーワークの応用を学び、エネルギーワーカーとしての技量を高めます。
  8. サードの講習では、第四シンボルの光の世界を直接体験する高次の瞑想法を実習します。 

★講習の進み方

 

 お申し込みのあと、テキストを購入していただき、あらかじめ、お読みいただきます。そして、レイキが初めての場合は、遠隔によるレイキヒーリングを一回おこなって、エネルギーをなじませます(この料金は講習料金に含まれています)。そのあとで、対面によるアチューンメントと実習を行います。 

 

★テキストについて

 

テキストとして、土居裕『癒しの現代霊気法』(元就出版社、1470円)を使用いたします。できれば、アチューンメントまでに購入し、必要箇所にざっと目を通してもらえればと思います。

 

土居さんは、ヒーリングはもちろん、レイキの「ライトワーク」(光につながり、霊性を向上させること)という面を重視しております。これが、レインボーライトの方針でもあります。

 

ただし、土居さんの主催する「現代霊気法」そのもののエネルギー系統ではありません。当方は、新潟市のドルフィン様より伝授を受けております。これはラディアンスの系統です。スタンダードな西洋系レイキのエネルギーであると思います。

 

『癒しの現代霊気法』をテキストとしますが、そこに書かれているすべてのワーク等を講習するわけではありません。現代霊気法特有と思われるものは省略することがございます。また、補足資料を用意し、使用いたします。

 

(追記)レイキのサードにつきましては、「ハイアーセルフやガイドにつながるエネルギー」の伝授がメインとなります。従来のレイキ講習では、こうした高次元とのコンタクト方法についての内容が、十分ではありませんでした。その欠を補うため、レインボーライトでは、『癒しの現代霊気法』の他に、高次元とのコンタクトをテーマとする書籍をサードの副読本とし、読んでいただくこととしました。現在は、ドリーン・バーチュー『エンジェル・ガイダンス』を使用しております。

 

 

★レインボーライトでの、レイキについての考え方

 

レインボーライトでのレイキについての考え方について少し書かせていただきます。

 

私たちは、レイキというものを「高次元の光(エネルギー)につながるためのツール」として理解しています。つまりその本質はライトワークにあるということです。それは、創始者・臼井先生が、高次元のエネルギーにつながる回路を開かれたということです。高次元エネルギーだからこそ安全で効果的なヒーリングエネルギーである、という考え方です。

 

この、高次元エネルギーをはっきりと感じられるようになるのは、サードにおいてです(土居さんもそのように書いていますが)。つまりサードが一つの到達点であり、ライトワークの本格的な始まりでもあります。従いまして、レインボーライトのレイキでは、原則的に「最終的にはサードまでは進む」ということを最初から目標として考えていただくよう希望いたします(もちろん、すべてを当方で受けるという必要はありませんし、期限が設定されているわけでもありません)。

 

レインボーライトでのレイキについての考え方をご理解された上で、お申し込みください。

 

 

レイキと発展系レイキ

レイキはしばしば「臼井レイキ」と呼ばれることがあります。これは、最近ではもともと臼井甕男先生が創始したレイキだけではなく、「発展系レイキ」というものがあるので、もともとのレイキを臼井レイキといって区別する言い方があるということです。

 

発展系レイキといいますのは、臼井レイキを受けた人を対象にして、臼井レイキで作られたエネルギーの回路を利用し、また別の高次元エネルギーを流せるようにするというワークのことです。

 

いってみれば、地下鉄の線路に私鉄が乗り入れるようなものです。

 

発展系レイキといわれるのはたいてい、臼井レイキのサードもしくはティーチャーが条件となっています。

これには、カルナレイキ、セイキムレイキ、スピリットレイキ、ライタリアンレイキが代表的なものです。

 

これに対して、臼井レイキの受講を条件としてはいないエネルギーワークは、発展系レイキとは呼びません。ただ「エネルギーワーク」といいます。