レコンセクレーション 

 

このワークは、Amariさん創始のエネルギーワークで、白山姫とサナト・クマラのエネルギーとなります。こちらを参照してください。

 

Amariさんのサイト「Arganza」はこちら

 

レコンセクレーションには、アチューンメントのコースと、その次の段階として、他者にもアチューンメントをすることのできるシャーマンコースの二つがあります。

 

レインボーライトでは、このうちアチューンメントコースの伝授を許されております。レインボーライトでは対面の他遠隔もおこないます。

 

サナト・クマラとは、いわゆるアセンデッド・マスターの一人とされ、鞍馬山と関係があり、またレイキの発祥にも深い関わりがあるらしい・・とも言われております。サナト・クマラはゴールドのエネルギーです。

 

白山姫は、白山神社の女神ですが、「三相一体の自然界の女神:セオリツ姫、コノハナサクヤ姫、ハヤサスラ姫の母体のような存在」とも言われます。こちらはピンクがかったエネルギーとして感じられます。

 

この二つが合わさり、かなり強烈な浄化、ネガティブパターンの解放、霊的なエネルギーシフトが生じ、そして地球へのグラウンディングもかなり強化されます。

 

2010年版のエネルギーにバージョンアップしてのご提供となります。

(なお、レコンセクレーション reconsecration とは、「再神聖化」という意味になります)

 

レインボーライトでアチューンメントコースを受けられた方は、それを前提として、現在は横浜在住の Amari さま(サロン「Arganza」)からひきつづきシャーマンコースをお受けになることができます。

 

和田多紀子の担当で、対面・遠隔(電話・スカイプ含む)にて、18000円となります。電話の場合の通話料はこちらで負担します。

 

 

レコンセクレーションについてのレインボーライトの感じ方

(以下の文章は、バージョンアップ以前に書かれたものですので、参考意見としてとらえてください)

 

☆ハレイの感想

 

私(ハレイ)が感じるのは、強烈なグラウンディング効果です。地球のコアと、ダイレクトにつながる感じです。このエネルギーは「天と地を結び合わせ、統合する」と言われますが、まさしく納得です。天のエネルギーを地球に結びつける、そういう光の柱を立てるというワークだと理解しています。エネルギーワークとしては、かなり強烈なものになります。光の柱が立つときは、その柱へとエネルギーが「ぎゅっ」と凝縮するような感覚があります。

 

サナト・クマラは、レイキのエネルギーの源にある存在といわれているのは、ご存じの人も多いと思います。つまり、このエネルギーはレイキと深いかかわりがあり、また、ひじょうに相性がよいと感じられます。最近、私は、レイキアチューンメントの時にも、必ずサナト・クマラのご加護をお願いしています。

 

サナト・クマラは、奥深い「天(宇宙)」のエネルギーだと思うのですが、それと白山姫(くくりひめ)のエネルギーはどう結びつくのか? 私はまだ、そこまでは、完全に把握しておりませんが、たぶん、白山姫は、この「天」のエネルギーと地球を結びつける役割をお持ちなのだろうと思います。それが「くくる」という名前にもなっているのでしょうし・・ いずれにせよ、サナト・クマラと白山姫が融合した「レコンセクレーション」というエネルギーの不思議さにはいつも驚異を覚えるのです。

 

レイキからエネルギーワークを始めた私にとっては、サナト・クマラの宇宙的なエネルギーは、かなり「なじみ」に近いものがあります。そこに、白山姫のエネルギーというものがレコンセクレーションによって登場してきました。白山姫は、宇宙エネルギーを地球へと媒介していくような、女性的なエネルギーのようです。しかし、玉依姫のような、母性的なエネルギーともどこか違っていて、もう少し「凛とした」波動があるように感じます(ケルンは「高島礼子みたい」と言っております)。それによって、私のエネルギー自体が、宇宙から光エネルギーを受信すると同時に、それを地球という場を包み込むようなエネルギーとしても流していくという、幅のようなものができたものと解釈しております。

 

したがいまして、このレコンセクレーションは、まさにサナト・クマラと白山姫との「統合エネルギー」であることに意義がある、というのが私の理解です。ですので、白山姫「のみ」のエネルギーではございません。宇宙エネルギーを受け、それを地球(ガイア)全体へと広げていくという「光の柱」を立てるという「エネルギーの回路」が形成されるワークだと思います。

 

受講資格は、特にありません。どなたでも受けられますが、ただ、レイキを習得していることが「おすすめ」ではあると思います。エネルギーの扱いが、しやすくなりますので。

 

私ハレイの体験について少しお話ししますと、2008年の8月、次のようなメッセージを受け取りました。

 

ある女性的なエネルギー。それは、また私の一部でもあり、あるいは私がその一部ともいえるような、より大きい女性的な存在。そのエネルギーを感じることが大事になってきている。6,7のチャクラと、第14チャクラを開いて、そのエネルギーを感じること。それはもう少しで開くところまで来ている。その扉を開けるだけ。そこに求めていたものが見つかる。その宇宙的なエネルギーを地上に降ろし、表現するのが、あなたの役割の一つ。それはもっと大きいエネルギーである。それがわかると、ヴィジョンが開け、いろいろなものが、つながってくる。この女性的エネルギーの名前を受け取ることが大事である。

 

当初は、このメッセージの意味がよくわかりませんでしたが、今となっては、この「女性的エネルギーの名前」は、明確になりました。・・それが、白山姫だったわけです。

 

したがって、この女性的エネルギーの力によって、宇宙のエネルギーを地上に降ろすことが、レインボーライトの目的の一つとしてあるというわけであり、そういう私たちに、レコンセクレーションがやって来たのは、必然であった・・と、こう考える次第です。

 

 

★和田多紀子の感じ方

 

レコンセクレーションライトワークの詳しい説明は、ハレイが十分しておりますので、私はこのワークの伝授を受けるにいたった経緯とワークに対する気持ちを説明します。ご存知のように、長岡市は2004年に中越地震にあいました。その直前には水害、2007年には中越沖地震にあいました。地震は、地球のエネルギーの放出と言われていますが、それによって、甚大な被害を受け、私も少なからず影響を受けました。その経験が地鎮・鎮魂がテーマの一つになっているレコンを受けることに繋がりました。そして、ハレイが言うように花青さまとご縁があったのか伝授の許可をいただくこととなりました。ハレイが、宇宙から地球へ繋がるワークととらえているとしたら、私は地球から宇宙へ繋がるワークと感じております。エネルギーは宇宙から地球に向かって流れ、さらに宇宙に流れ、融合していくというイメージを持っています。このワークは、レイキなど他のとの相性も非常によく、ヒーリングに使うことも多いです。レインボーライトにご縁を感じるかたは、お申し込みくたさい。