ヒーリングセンター・レインボーライトとは

ヒーリングセンター・レインボーライトとは、新潟県長岡市にて、レイキなどのエネルギーワークを普及するために活動するグループです。2006年4月より活動を始め、2020年で15年目に入りました。和田多紀子(わだ たきこ)が中心となり、場合によりハレイ(男性)がアシスタントを務めます。ハレイはスピリチュアル思想研究家としても知られ、著書もあります。


私たちは、レムリアの記憶を持っています。レインボーライトという名前は、レムリアの淡い七色の光を現わしています。詳しくは、ハレイのレムリアからのチャネリングメッセージをご覧ください。レインボーライトが提供するエネルギーの源を感じていただけると思います。

お知らせ

2020年

5月

19日

 

「2020レインボードラゴン遠隔ヒーリング&アクティベーション」をリリースしました。

和田の感想は⇒コチラです。

このワークは、レムリア神殿ヒーリングレムリアンパッケージと非常によく似たエネルギーだと感じます。

これらのワークをお受けになった方やレムリアに惹かれる方にもお薦めのワークです。

2020年8月31日までのお申込みで、通常料金10,000円の20%オフの8,000円となっております。

 

2020年5月4日

 

1、スカイプを使った全てのセッション、アチューンメントについて、zoomでも対応できるようになりました。zoomをご希望の方は、お申し込みの際にお知らせください。なお、レイキ講習スカイプコース、レイキステップアップコース以外は

以前より画像なし音声のみとなっております。

2、テレワークやオンライン授業などの影響からか、スカイプの音声や画像の乱れが多く発生するようになりました。セッション、アチューンメントの当日、スカイプが使用できない場合は、電話に切り替えさせていただく場合があります。

 

2020年5月4日

 

ライタリアンレイエクステンション™についての説明文をブログに掲載しました。

5月中に3つ全てのアチューンメントを受ける予定ですので、日本語テキストの発売を待ちながら、皆様に提供できるよう、準備を進めていきます。いましばらくお待ちください。

ライタリアンレイエクステンション レべル1ラントの感想は⇒コチラ

ライタリアンレイエクステンション レベル2 レディナダの感想は⇒コチラ

 

                      2019年12月29日

 

ライタリアンアセンションバンドのアチューンメント方法を一部変更しました。

これまでの口述での説明に代えて、英語のテキストと併せてレインボーライトで作成した日本語の補足資料をお送りすることにします。

 

2019年12月17日

 

お申し込み時のメールについて

お申し込みフォームからお申し込みされた後、こちらから折り返しのメールをしていますが、こちらからのGmailがお客様の迷惑メールに振り分けられてしまうことがあります。こちらからの返信が24時間以上経っても届かない場合は、迷惑メールに振り分けられていないかどうかご確認ください。

 

2019年11月13日

 

「ブルースターレムリアンヒーリングエンパワーメントシステム」「レムリアンピラミッドオブインフィニティ」「レムリアンゲートトゥインフィニティ」レムリアの3つのアチューメントをセットにしたレムリアンパッケージのお申し込みを開始しました!

レムリアンパッケージについてのブログ記事もご覧ください。

 

2019年10月23日

「高次元トータルエネルギーヒーリング」で、同意不要で他者へのヒーリングを依頼することが可能になりました。
2019年6月 「高次元トータルエネルギーヒーリング」がスタートしました!

レムリアからの
チャネリングメッセージ

 そもそもチャネリングを始めたのは、レイキがきっかけです。レイキティーチャーとなって、エネルギーを降ろすことを繰り返しているうちに、エネルギーとともに情報が来るのを感じるようになり、やがてそれを言葉に変換することができるようになりました。

 それと、一度、ヒプノセラピーを受けたのですが、過去生退行をするつもりが、一気に宇宙へつながってしまい、ほとんど一時間以上チャネリング状態でしゃべりっぱなしになったことがありました。その時以来チャネリングがかなり本格化してきました。

 

お客様の声

レムリア神殿ヒーリング

レムリア神殿ヒーリング AT様 

 ハレイさんのブログを購読していた経緯から、ライトランゲージに関心を抱いていたのですが、セッションにも出てきたのは驚きです。 時折、婚約者と過ごしてると、楽しい音の羅列で話してしまい、また変なことを言っていると笑われるのですが、今回ライトランゲージを話す存在に出迎えて頂いたのは、ライトランゲージとのご縁があったのかなと思っています。