ライタリアン・ピュリフィケーション・リング

ライタリアンピュリフィケーションリングは、天使セラフィムとのコネクションを作るワークです。エンジェルリンクの上位版として位置づけられており、受講にあたってはエンジェルリンクの受講が「強く推奨」されております(ただし必須ではありません)。

セラフィムという上位の天使界からのサポートを受け入れるためのワークになります。

このワークは6つの段階に分かれており、それぞれ、ライタリアンレイなどと同じようなアチューンメントがあります。誘導瞑想かもしくは誘導瞑想なしの遠隔セッションです。誘導瞑想なしの場合、リアルタイムの遠隔か、時間設定型の遠隔(あらかじめ受け取る日時を決めてアチューンメントを設定しておくこと)をお選びいただけます。

 

★エネルギーの説明

 

このエネルギーは、ひとことでいうとエンジェルリンクを宇宙っぽくしたものとでも言いましょうか。宇宙の深い部分に連れて行かれて、そこのエネルギーを地上に持って帰るというワークのように思います。それを、地球に生きることに生かしていくのです。この意味でアセンションとは逆の「ディセンション(上のものが下に来ること)」のワークだと言われます。

 

宇宙的なセラフィムのエネルギーがエネルギー体にインストールされます。その象徴として各段階にいろいろなイメージがあります。

セラフィムはいくつかのグループに分かれています。

 

レベル1 セラフィムYグループが、「全体性の青い炎」をアチューンメントします。これは人間としての基本的な遺伝子コードを再構築し、「すべてなるもの」の理解を容易にします。

 

レベル2 セラフィムCグループが、「クリスタルスカル(水晶の頭蓋骨)」をアチューンメントします。これは前頭葉の再構築を通して、感覚情報を取り入れ処理する方法を変えていきます。また、スター・アリネイがサポートに入ります。

 

レベル3 セラフィムVグループが、青い炎によって私たちの中にある恐怖心を取り除き、喜びのうちに生きることを可能にします。

 

レベル4 セラフィムZグループが、深い部分にある悲しみを解放し、人生の経験すべてを統合する手助けをします。

 

レベル5 ここではすべてのセラフィムグループの代表者たちが集まり、純粋な至福の状態に生きようとする意志を呼び起こします。

 

レベル6 セラフィムKグループと魔術師マーリンが登場し、地球とのエネルギー的なつながりを理解し、地球とどうエネルギー的に関わっていくかを助けてくれます。

 

【料金について】

レベル1     16,000円
レベル2~6 各  1,1000円
一括お申し込みで約10%割引、63,000円

テキスト代とその送料、メール等による質疑応答が含まれております。


なお各段階の間隔は、一週間以上と規定されております。

アチューンメントを受けますと、ライタリアン研究所に登録され、他者へのアチューンメントが可能となります。

和田多紀子の担当となります。

 

※こちらを受けるには、エンジェルリンクの受講が「お勧め」ではありますが、エンジェルリンクを受けていなくても受講は可能です。その場合、各段階の間隔が、通常の一週間ではなく、3~4週にするようにと本部から指示されております。

 

◆系統

Peggy Zeramby (ライタリアン研究所現代表・ピュリフィケーション・リングズ創始者) → Hiroshi Sugahara(ハレイ)  → 和田多紀子

 

◆お申し込み

和田までお願いいたします。

 

★時間設定型遠隔アチューンメント(遠隔コールイン)について

 

2012年11月から、リアルタイムではない遠隔アチューンメントを始めることにしました。つまり、ご指定の日時に届くようにあらかじめ設定をしてエネルギーを送り、決められた時間に受け取っていただくというものです。

 

これまで、アチューンメント日程の決定には、私とクライアント様の両方の都合が合うという必要がありましたが、この「時間遠隔アチューンメント」ですと、クライアント様の都合のいい時間に受け取ることがつねに可能になり、利便性が増すと思います。

この間、ライタリアン研究所代表のペギー・ゼランビーさんとメールのやりとりをしたのですが、その中で、こうした遠隔もできるし、やりますよという話が出てきました。そこで、これはライタリアンのワークとして完全に可能なものであると確認できたのです。

これまでもちろん、やろうと思えば時間を超えた遠隔が可能であることは知っていたのですが、それがライタリアンのワークとして正当なものであるかは、マニュアルには何も書かれていなかったので、やらずにいたのです。それがこのたび正当性が確認できたということです。

考えてみれば、遠隔というのは時空を飛び越えるわけですし、レイキの第三シンボルもそういうものであるはずですから、空間的な遠隔だけではなく時間的な遠隔ができるのも当然のことなのです。

さらに言えば、未来から過去へ向かって送ることもできるはずです。ただ、だからといって設定の時間が過ぎた後に送ることはしません。事前に設定させていただきますが。

この遠隔を受け取るのに必要な条件は、「それが可能であることを100%信じている」ということだけです。それによってこれは可能な現実となります。

これはライタリアンだけでなく、レインボーライトで行うほとんどのエネルギーアチューンメントに適用可能です。

もちろんこれまで通りの「遠隔リアルタイム」もお選びいただけます。
遠隔では、遠隔リアルタイムか、遠隔コールインのどちらを希望されるかをお知らせください。

 

和田多紀子の感想

レベル1

ピュリフィケーションリング・レベル1では、セラフィムYグループと交流します。面白い名前ですね~。セラフィムには、グループごと(波動によってグループ分けされているようです)に一文字のアルファベットが割り振られています。

このセラフィムYグループは、私たちの全体像をみることが得意です。そして、私たちのエネルギー体の不調和を調和の取れた状態へと導いてくれるようです。

セラフィムYグループからのギフトである「青い炎」は「神聖な完全性」を「羊飼いの杖」は「神聖な奉仕」を表しています。このあたりは、エンジェルリンクの構成と似ています。

わたしは、アチューメントを受ける際、体感とビジュアルで感じるタイプなのですが、この「青い炎」のビジュアルが面白かったです。大きな青い龍が前から向かってきて、空を泳ぎまくっていました。セラフィムと龍…「青い炎」の性質が龍の性質と似ているのかなと思いながら見てました。「羊飼いの杖」は、事前にテキストを読んだときに浮かんでいた杖がそのままイメージされました。上部がくるくると丸まった仙人が持っているような木製の杖です。この杖が、ハートにぽんと入ってきた感じがしました。

神聖なだけではなく、大変楽しい気分になるといいますか心が軽くなるようなアチューメントでした。

レベル2は、セラフィムCグループとスター・アリネ
イ(星の名前です)からクリスタルスカルが転送されます。前頭葉が再構築されるらしい・・・楽しみです。

 

レベル2

レベル1から少し間があいてしまいましたが、レベル2のアチューメントを受けました。

 

セラフィムCグループがクリスタルスカルをクラウンチャクラへ吹き込み、前頭葉を再構築する・・・その結果、五感を通して入ってくる情報を全体として取り込むことが可能になるというものです。また、スター・アリネイという星の存在もサポートしてくれます。

 

Cグループとスター・アリネイは、どこかで会ったことがあるような、懐かしい感覚がありました(あまりの懐かしさに涙が出たくらいです)。スター・アリネイは、水のような女性的なエネルギーを感じました。青く澄んだ水がゆらゆらとしてい

るのを内側からみていました。

 

アチューメントが終わるころには、感覚も少し変化したと思います。説明が難しいですが・・・肉眼とサードアイを一緒に使う感じ。

 

まだ、レベル2までしか受けていませんが、ピュリフィケーションリングとてもしっくりとくるエネルギーです。

 

レベル3

今回のレベル3は、セラフィムVグループとつながります。

クラウンチャクラから背骨へと銀のラインが吹き込まれ、真実のもとにありのままに勇気を持って生きることが可能になります。

 

テキストを読んだ段階で、宇宙っぽいと感じていましたが。。。ほんとにその通りでした。アチューメントが始まるとすぐに宇宙&宇宙船が現れ、招かれるままに乗りこみました。そしてアチューメントの間、ずっと宇宙空間を眺めていました。地球もきれいにみえていましたね。

 

宇宙とつながることにどこか遠慮といいますか、自分を少し抑えるようなところがありましたが、そんなことしなくてもいいんだと思えるようになりました。今回吹き込まれた銀のラインは、宇宙へつながる強力なツールのような気がします。

 

レベル4

一週間おきに順調に進んでいます。

今回は、グループZにより肉体に蓄積された悲しみを取り除くことを可能にする「虹の輪」が渡されました。

グループZは、華やかで女性らしい印象でした。たくさんの存在が手をつなぎ、ウェーブのような動きでしなやかに踊っていました。美しい歌声も流れていました。

「虹の輪」は、チームZの存在に順番に渡された後、わたしのハートに置かれました。レインボークリスタルの二重螺旋がリング状になっているもので、美しかったです。

エネルギーの感じ方は人それぞれです。わたしの場合(このアチューメントに関しては)、ビジュアルで受け取っているようですね。

いつも書いていますが、ライタリアンのアチューメントが合っていると感じる方には、オススメのワークだと思います。

次回レベル5は、今までのチームが全員集合するということで、楽しみにしています。

 

レベル5

レベル5では、レベル1~4までの全てのセラフィムグループの代表とのコネクションがつくられ、祝福の青い炎がハートチャクラに吹き込まれます。

セラフィムの代表が、私たちが本来持っている能力にアクセスし、幸福に満ちたシナリオを作り出し、意図したことを実現させるためのサポートをしてくれるというものです。

この度、初めてSkypeではなく、遠隔(リアルタイム)で受けてみました。

「祝福の青い炎」…強烈な体感でした(今回はビジュアルというよりも体感)。ハートを中心にからだ全体が熱い炎に包まれている感じ。あたたかいというよりも熱くてジンジンしていました。

その熱さの中にいると、自分の魂はここに生きているんだな~という気持ち…うまく表現できないのですが「感謝」「喜びの感情」のようなものがあふれ出してきました(人はこういう場合、涙が出るようです)。
今までのアチューメントとは、かなり違ったものでした。

一日経ってエネルギーを呼び出してみましたが、やはり熱いのです。ハートも手も足もアチチです。

 

レベル6

ハレイより、ピュリフィケーションリング最後のレベル6を受けました(今回も遠隔でした)。

レベル6では、セラフィムKグループとのコネクションが作られます。

セラフィムKグループは、わたしたちが予想外のことを受け入れ創造する方法を学ぶサポートを提供してくれます。魔術師マーリンのエネルギーと結び付けられることもあるようです。

セラフィムKグループは、黄金の楽譜を喉のチャクラへ植え付けます。喉のセンターの準備ができると、喉の調和がからだの他の部分へと広がります。この調整が完了すると、自然の力を操作しマジックを作り出すことが可能になります。

事前にテキストを読んだ時は、タロットカードのマジシャンのイメージだなと思っていました。アチューメントが始まる直前は、マジシャンのカードが頭の中をくるくると回っていました。

アチューメントが始まるとキーンというエネルギーが頭と首の後ろ側から流れてしました。

しばらくすると、セラフィムKグループが現れました。クリオネのようなセラフィムが(たくさんいました)ゆらゆらと漂っていました。背景は、青色の星(水で満たされている感じ)でした。そのまま、静かに静かにアチューメントが終わりました。

セラフィムKグループは、人生を型にはまらないものという視点で見ること(人生の出来事を説明に束縛されないようにすること)を勧めています。

そんな風に生きていきたいな。

ピュリフィケーションリング、しっくりとくるエネルギーでした。受けてよかったです。