ライタリアンアセンションバンド

ライタリアンアセンションバンドは、ライタリアンレイキ同様「スピリチュアルな成長を加速させるアチューンメント」と位置づけられると思います。

 

ライタリアンレイキには、レイキのサードディグリーを修めているという前提条件がありますが、ライタリアンアセンションバンドには前提条件がありません。スピリチュアルな成長を加速させたい方であれば、どなたでも受けていただくことが可能です。

 

ライタリアンレイキ同様、高次元の光の波動――ということばにぴんと来る方のためのライトワーク、と言えるでしょう。

 

レイキを修めていない方で、スピリチュアルな成長を加速させたい方には、ぜひとも受けていただきたいと思います。

 

個人的には、ライタリアンレイキを修めた方は、受ける必要はないと思います。

 

ライタリアンレイキを修めている方は、アセンションバンドブリッジを受ける

だけで、1~6までを受けたと認定され、他者へのアセンションバンドブリッジとアセンションバンドのアチューンメントが可能となります。

 

1~6まで6段階あるのですがその過程で、ガイアや神性のエネルギー、マスター・サナンダとのつながりも生じます。しかし根本的には、この地球を遠く超えた、高次元世界の波動をひたすら浴び、自分自身の波動を根本的に変えていくという、かなり徹底したライトワークであるというのが、私の理解です。

 

なお、ライタリアンアセンションバンド全体を統括しているのは、ライタリアンレイキ同様、マスター・ブッダであると説明されています(マスター・ブッダは歴史上の仏陀=釈尊と同じではありません。マスター・ブッダは高次元に存在するエネルギー体の存在で、その一部が地上に来て釈尊となった、ということのようです)。

 

ブッダの他、各段階によって、ガイア(地球)、神性(天)、マスター・サナンダのエネルギーも登場します。そして、最終段階では、ブッダを含めてこの四つのエネルギーによって「癒しの間」をエネルギー的に作ることになります。

 

現在、ライタリアンアセンションバンドには、英語のテキストがあるのみで、日本語テキストはありません。当方でテキストの翻訳をすることは禁じられておりますので、全ての方に電話またはスカイプでアセンションバンドとはどのようなものか一度、口述(日本語)で説明する時間を取らせていただきます(所要時間1時間位)。

 

英語のテキストを読むことができる方は、その必要はありません。

 

伝授は、日本語テキストができるまでは、遠隔(リアルタイムまたはコールイン)のみとさせていただきます。遠隔というのは、エネルギーだけで受け取るということで、ことばの伝達はありません。

 

 

【料金について】

アセンションバンドブリッジ:34,000円

 

アセンションバンドⅠ:22,000円

 

アセンションバンドⅡ:11,000円

アセンションバンドⅢ:11,000円

アセンションバンドⅣ:11,000円

アセンションバンドⅤ:11,000円

アセンションバンドⅥ:11,000円

アセンションバンドⅠ~Ⅵ

 

一括お申し込みで約10%オフ 69,000

 

テキスト代とその送料、メール等による質疑応答が含まれております。

 

料金は、米国ライタリアン研究所での価格とあまり違わない金額を設定しました。

 

 

【お申し込みからアチューンメントまでの流れ】

 

1.お申し込みを受けて、日程調整をします。

 

2.1回目のアチューンメントの日程が決まりましたら、お知らせするゆうちょ銀行の口座までアチューンメント料金をお振込みください。

 

3.お振込み確認の後、テキストをレターパックライトで送ります。速達扱いですので、数日でお手元に届きます。テキストの在庫は切らさないように注意していますが、お申し込みが続いた時など、テキスト取り寄せまでお時間をちょうだいすることもあります。

 

4.テキストをお読みいただき、ご不明な点などをメールで質疑応答します。

 

5.アチューンメントをお受けいただきます。アチューンメント自体は30分程度です。

 

対面、電話、スカイプの場合は、アチューンメント後、感想を口頭でシェアします。

 

 

遠隔リアルタイムの場合は、決めておいた日時にお受け取りください。こちらから開始のメールは差し上げませんので、ご了承ください。アチューンメントの後にこちらで見守っていたアチューンメントの様子をメールでお知らせします。

 

遠隔コールインの場合は、決めておいた日にちにお受け取りください。こちらから設定完了のメールは差し上げませんので、ご了承ください。アチューンメントの翌日にこちらで見守っていたアチューンメントの様子をメールでお知らせします。

 

7.ライタリアン研究所のワークが初めての場合は、登録用紙をご記入いただき、PDFファイルにしてメール添付で送っていただくか、原本を私の住所まで郵送してください。いただいた登録用紙に私がサインし、ライタリアン研究所にメール添付で送ります。同じものをメール添付で送りますので保管しておいてください。登録用紙の記入方法はテキストに書かれていますが、ご不明な点がありましたら、メールしてください。電話、スカイプの場合は、その場で説明しながら書いていただくことが多いのでご安心ください。私が登録用紙を送ってから数週間以内にライタリアン研究所から登録アドレスまで英文のウェルカムメールが届きます。1か月くらい待ってもウェルカムメールが届かない場合は、登録されているか確認しますのでお知らせください。米国からなので、様々な事情で登録されているけれども届かないということもあるようです。

 

ライタリアン研究所のワークが初めてでない場合は、初めてのワークで登録用紙を提出されているので、用紙の提出は不要です。私の方でライタリアン研究所に登録依頼のメールを送ります。ライタリアン研究所からのウェルカムメールは届きません。

 

 

◆伝授系統

創始者 Peggy Zeramby  → 和田多紀子 Takiko Wada

 

◆お申し込み

和田までお願いいたします。