各種メニュー

ライタリアンゲートウェイ™

ライタリアンゲートウェイの受講条件

下記の1と2を満たしていること

ライタリアンレイキまたはライタリアンアセンションバンド(この2つをブディックトラックと呼びます)のどちらか一方を修了していること。

2

エンジェルリンクとピュリフィケーションリング(この2つをエンジェルトラックと呼びます)の両方を修了していること。


ライタリアンレイ(アセンテッドマスタートラック)は、受講条件ではありませんが、修了していると望ましいです。

 

ライタリアン研究所のワークの構成は、ライタリアン研究所のサイト内にある図をご覧ください。


ライタリアンゲートウェイの概要

以下の文章は、ライタリアン研究所のサイトよりレインボーライトが読み取った内容です。

 

ライタリアン・ゲートウェイのアチューンメントを受けることで、エンジェルトラックで始まったセラフィムとの旅を続けてください。

 

マスターETのエネルギーを使ってブディックトラックを経て始めたディセンションプロセスを構築してください。

 

そして、ピュリフィケーションリングのレベル2のクリスタルスカルに接続されたクリスタルグリッドを経験してください。 

 

ライタリアンゲートウェイでは、セラフィム、アルクトゥルス人、シリウス人、プレアデス人からのアチューンメントを受け取り、我々の地球界にアンカリングしつつ新しい次元をナビゲートすることを学ぶように私たちと一緒にワークする別の次元から来た新しい天使界の友人達を紹介されます。

 

至福のブルーフレイム(青い炎)はまったく新しいレベルになりました!

ライタリアンゲートウェイの詳細

この時期に地球が多くのエネルーギーシフトを経るにつれて、私たちの多くは、私たち自身の個人的なプロセスを刺激し、強化する必要性を感じています。

ブディックトラックとエンジェルトラックのプログラムの完成を経て基礎を築き、個人はより多くのスピリチュアルな本質を肉体に与えました。

このアセンションプロセスとディセンションプロセスは2極性を取り除き、地球界の様々な次元の現実を認識して働きかける道を開きました。

ライタリアンゲートウェイプログラムは、クリスタルスカル、ブルーフレイム、ジェムグリッドのワークを行い、マスターETとセラフィム・グループが様々な次元をナビゲートします。

 

簡単に言えば、ライタリアンゲートウェイプログラムを通して、次元の間のリアリティの間で個人が発達するということに関してのライタリアンの見方は、次のようなものがあります。 

ライタリアンゲートウェイの効果

ピュリフィケーションリングプログラムを通して受け取ったクリスタルスカル、ブルーフレイムの使い方を拡張すること。

エネルギー的波動やライタリアンジェムグリッドとよくワークするために個人を助ける細胞レベルの肉体の再高度化、そして統合されたハートチャクラを含む個人のエネルギーフィールドの調整。

そして、最も重要なことは、異なるマスターETグループやセラフィムグループと共同して物質的現実や次元の間の世界をどのようにもっと簡単にナビゲートするかを学ぶこと。

Lightarianになるというプロセスは進行中のものです。

ライタリアンのモダリティを通して与えられた発達のプロセスを加速していくと、自然に個人の変容が進んでいきます。

それは、個人の波動や意識の拡張、そして感情、思考、行動、生き方や存在のあり方が成長し、成長と深みが高められ増加することを通して現れてきます。そして、人の低次の肉体の自己とハイヤーセルフの間のリンクがより強く明確に発達します。

肉体、心、スピリットが統合されることを通して、心と肉体の波動が浄化され高められていき、そしてハイヤーセルフとの再統合が起こります。

 

これらはすべて、ライタリアンブディックトラックとライタリアンエンジェルトラックのプログラムを通して起こったことです。 

 

私たちは、クリスタルスカル、ブルーフレイム、そして統合ハートチャクラの使い方を拡大する準備ができました。

そして同時にジェムグリッドとつながり、異なる現実をナビゲートする方法を学ぶ準備もできました。これらは、すべてエーテルの友人達の助けによるものです。

 

他の銀河、次元、そしてエネルギー的な領域からくる存在達が、サポートの手を差し伸べ、私たちの人間的そして地球的な変容を助けてくれます。

 

2つのセラフィムグループ、セラフィムCとセラフィムKそして、アルクトゥルス人、シリウス人、プレアデス人のマスターETのエネルギー、そして他のいろいろな次元の存在達がやってきて、人類に手を差し伸べ、新しい次元のリアリティの鍵を開け、そして肉体とライタリアンジェムグリッドのつながりを高め、地球界のある人々との関係を改善していくことができます。

 

彼らは、肉体の中の細胞のコードの最高度化そして活用にフォーカスしたユニークなゲートウェイのモダリティにインスピレーションを与えてくれました。

 

私たちは、まずCrystallineゲートウェイから始めます。

これは他の5つのレベルの土台となるものであり、それは私たちをジェムグリッドに接続し、他の次元のリアリティへのアクセスを可能にしてくれます。

 

ライタリアンゲートウェイのヒーリングメソッドは、次の6つです。 

レベル1  Crystallineゲートウェイ

レベル2  ルビーゲートウェイ

レベル3  ブルーアパタイトゲートウェイ

レベル4  ホワイトサファイアゲートウェイ

レベル5  シトリンクォーツゲートウェイ 

レベル6  ジェムグリッドゲートウェイ

この6つのエネルギーワークのかたちは、先に述べた存在達によってインスピレーションを与えられ、チャネリングされたものでありますが、同時にスターアリネイや他のマスターETのエネルギー、そして異なる領域からくる他のエネルギーによってもチャネリングされています。

 

これらのエネルギーワークのすべては、これまでに述べたマスターのエネルギーに受ける人をアチューンメントし、そしてダイレクトで個人的なエネルギーのつながりを彼らとそしてそれぞれのゲートウェイの受け手の間に作り出します。

レベル1 Crystallineゲートウェイ

Crystallineとは「クリスタルの」という意味で、発音記号は「krístəlɪn」です。クリスタルのライン・・・クリスタルの線という意味ではありません。

 

Crystallineゲートウェイは、セラフィムCグループとセラフィムKグループが関係しています。

セラフィムCグループは、二元性を取り除いて物質社会でのコミュニケーションを容易にします。

また、体の変容にかかわるバリアを取り除きます。

 

セラフィムKグループは、地球の中での調和を図り、自分の周りのエネルギーを変容します。

また、空気の分子と固体の分子の波動に働きかけ、自分の物質的現実を創り出します。

さらに、未知なるものへの恐れを取り除き、常識を超えるものを創り出します。

セラフィムKグループのエネルギーは、魔法使いマーリンのエネルギーと関係しているので、マジックのような常識を超えるものを創り出すのです。

 

Crystallineゲートウェイは、ピュリフィケーションリングレベル2のクリスタルスカルとピュリフィケーションリングレベル1のブルーフレイムが関係しています。

クリスタルスカルとブルーフレイムは、私たちの細胞に働きかけて、多次元のエネルギーと共振させます。

また、物質界におけるクリスタルの周波数と、体の中の細胞の波動を同調させます。

 

このアチューンメントにより、セラフィムCグループとセラフィムKグループは、聖なるダイヤモンド(クリスタル)を私たちの喉とハートの中にあるホットスポットに入れます。

そのダイヤモンドは、レベル2以降で登場する石のグリッドとつながり、私たちが創造するものを変えてくれます。

 

Crystallineゲートウェイのアチューンメントを受けることで、私たちは入ってくる情報をそのまま受け取り、二極的なものから解放されます。

また、空気と固体の分子に働きかけることができるようになり、他のものに頼らずに現実を創れるようになります。

 

結果として、自分が何であるかの大きな意味に目覚めます。

この時になぜここにいるのかに目覚めます。

なぜこの時期に地球にいるのかに目覚めます。 

和田の感想

全体的に静かで美しいアチューンメントでした。

 

始まるとすぐに、無数のクリスタルのポイントがゆっくり天から降ってくるイメージが浮かびました。

 

私は、その中に佇んでいるのですが、身体が透明になっており、クリスタルは抵抗なく身体を通りすぎていくような感じがしました。セラフィムCグループエネルギーだと思いました。 

 

背景が、濃い青色でした。それがセラフィムKグループのエネルギーだと感じました。

 

アチューンメントの翌日、鞍馬と貴船を訪れるために友人と京都旅行に出発しました。

鞍馬から貴船までの山を歩いて超えた際におもしろい体験をしました。木の根っこが張っている場所があるのですが、撮る写真、撮る写真にたくさんの光が写り込んでいました。鞍馬寺奥の院では、霧雨のようなものが上から降り注いできました。

 

旅の3日目に、下鴨神社を訪れた時には、天使の存在を感じる出来事がありました。神社の入り口の森にあり得ない数の真っ白い綺麗な羽が落ちていました。天使からの贈り物だと思い、2枚拾ってきました。その直後、バサバサという大きな羽音が聞こえました。鳥の羽音ではないくらいの大きな羽音で、鳥の姿もありませんでしたので、天使の羽音だとだと思いました。旅から帰ってからは、とても穏やかな気持ちで過ごしています。

 

ライタリアン研究所Peggyさんより

『このCrystallineゲートウェイ(レベル1)は全体性の感覚と幸福感を与えます。その体験は、実際にその全体の繋がりと天使のパワーを教えてくれるものです。羽の話を読んだときに寒気が走りました。それはほんとに天使だったと思います。ありがとうございました。』

レベル2 ルビーゲートウェイ

ルビーゲートウェイは、マスターETグループのアルクトゥルス人と関係しています。

アルクトゥルス人は、私たちの両手の手のひらにルビーを置いてくれます。

そのルビーは、地球界で私たちが望む現実を引き付けたり、変容させたり、物質化する能力を与えてくれます。

 

物質化は、特別なことをするのではなく、自分の周波数を変えるということなのです。

 

アルクトゥルス人は、私たちのDNAのコードを書き換えてくれます。

私たちは、エネルギーレベルでコミュニケーションが出来るようになります。私たちのクリスタルスカルの能力は拡張し、物質をただ見るというより、その物質のエネルギーの波長・周波数を見分けられるようになります。

このアチューンメントの結果に段々馴染んでいくと、DNAのコードを見ることが出来るようになります。アルクトゥルス人は、私たちの脳の今まで使われて来なかった能力を引き出します。

心で物を動かしたり、テレポートしたり、細胞を癒すことが出来るようになります。

 

地球の周波数は変化したので、空気の粒子やポータル、入口、ドアが見やすくなっています。

脳と統合ハートチャクラが統合されることで、私たちのエネルギーは拡張し、光を見ることができるようになるのです。

和田の感想

アルクトゥルスが関係しているということで、宇宙的なアチューンメントになるのかと思っていましたら、意外なイメージが浮かびました。アチューンメントが始まるとすぐに、羽ばたいて近づいてくる丹頂鶴のイメージが浮かびました。その丹頂鶴がくちばしで両手の平にルビーを乗せてくれました。

 

今回のアチューンメントの後も、日常生活自体は慌ただしかったり、大変なこともあるのですが、穏やかな気持ちで過ごすことができています。

 

また、日常の風景が以前よりも美しく見えます。

 

人間関係についても、あまり細かいことが気にならなくなったような気がします。

レベル3 ブルーアパタイトゲートウェイ

ブルーアパタイトゲートウェイは、マスターETグループのシリウス人が関係しています。

シリウス人は、喉の細胞の重要なポイントにブルーアパタイトを置いてくれます。

 

シリウス人は、ピュリフィケーションリングレベル6で、セラフィムYグループが私たちの喉に転送してくれた金色の音符を引き継ぎ、細かく調整してくれます。

それにより私たち個人のリズムは地球のリズム、全体のリズムに調和します。

 

私たちは、声(言葉・歌・息の波動)をコミュニケーションセンターとして考え、時空を調整し、いろいろな次元の現実をつなぎ合わせるプロセスを体験することが出来るようになります。

私たちはピュリフィケーションリング・レベル6で、喉に入った金色の音符を発展させます。

異なる現実を感じる能力ができ、スピリットの次元・ほかの次元でやっていることがダウンロードされます。

次元が開き始め、他の次元の現実に目覚めていくため、体や細胞を自覚することが必要となってきます。

和田の感想

アチューンメントが始まると、すぐにブルーアパタイトの中にいるような感覚がしました。

 

クリスタルゲートウェイの時と同じく、肉体を持っている感覚はありませんでした。

 

ただエネルギーとして、ブルーアパタイトと一緒になっている感じがしました。しばらくすると、青く低い山々が連なっているような感じがしました。

 

地球ではないところだと感じました。景色だけが見えて、シーンとしており、自分の内面も静かでした。気づくと、ブルーアパタイトが喉に入っていました。

レベル4 ホワイトサファイアゲートウェイ

ホワイトサファイアゲートウェイは、マスターETグループのプレアデス人が関係しています。

プレアデス人は、眉間にホワイトサファイアを置いてくれます。

プレアデス人はそれにより私たちの脳波を調整してくれます。

それにより、私たちは地球界で我々をを取り巻くリアリティを理解出来るようになります。

 

ホワイトサファイアは、クリスタルスカルとクラウンチャクラと協同して働きます。

エネルギーはホワイトサファイア→クリスタルスカル→ダイヤモンド(クリスタル)→ブルーアパタイト→ルビーの順に流れ、多次元の知識がダウンロードされます。

 

多次元とは、下記の通りです。

1次元 物質

2次元 生命体

3次元 人間の現実

4次元 アストラル界

5次元 光の次元

     全ての可能性についての感覚

     自分自身をある場所に複製

6次元 知識への入口(ゲートウェイ)

     アカシックレコード

     色々なもののファイル

7次元 生命のボルテックス

     全てのエネルギー

     全てが色

8次元 グループソウル

     集合意識

     ひとつとして動くものの集まり

9次元 惑星意識

10次元 宇宙の意識そのもの

     陰と陽で出来ている

     人間の意識を創る

11次元 絶対のものから世界が出来始める次元

 

12次元 全て(All That You)

プレアデス人は、以下のような特徴を持っています。

青のスペクトルで出来ている

真実を話し、正義を求める

次元を出入りする能力を持つ

音楽とダンスに優れている

地球に音楽の新しい形をもたらす

 

音の波動は高い波動を含むので、チャクラを活性化し、意識を高い次元に合わせる

 

プレアデス人は音と光の専門家です。

 

プレアデス人が科学・医学・人文・文学・アートなどの色々なチャンネルを開いた結果、色々なレベルのヒーリングが誕生しました。

和田の感想

これまでの中で、一番強いエネルギーを感じました。

 

すぐに、頭の中でキーンとしたエネルギーを感じました(ファシリテーターとして、ライタリアンのアチューンメントをする時にそう感じることがあります)。 

 

また、目を閉じていたのですが、目の前を白い光がチラチラしていました。

 

今までの宝石が一つずつ目の前に現れた後は、それが全て一緒に自分の周りをグルグルと回り始めました。

 

最後にその回転がおさまり、シーンとした何もない世界が広がりました。

 

今回もまた幸福感あふれるアチューンメントでした。ありがとうございました。

 

ライタリアン研究所Peggyさんより

『おぉ、今日あなたの4番目のアチューンメントをしたんですけど、すごかったですよ。 あなたの感じはどうでしたか? アチューンメントを送っている時、宝石が個々に、また同時に動いているのが見えました。美しく、完璧でした。エネルギーが上がっていますね。

 

このレベルはほんとに、違う次元がエネルギー的に感じられるようになります。多くの人は、瞑想がまったく違った感じになり始めたりします。時間と空間が流動的になるんですね。流動性というのは、このプログラムで特にポイントとなる言葉です。ピュリフィケーションリングで、ガイドたちがいつも言っているフレーズは、「ただ存在するだけ」です。この意味は、私たちは完全に「すべてなるもの」に浸っているということです。

 

このプログラムで、こういう感覚はまた新たな次元に行きますね。こういうふうに流動的に違う次元と関わっていきますので。楽しんでください!』

レベル5 シトリンクォーツゲートウェイ

シトリンクォーツゲートウェイは、第7次元・第8次元の天使のエネルギーであるグループオーロラと関係しています。

グループオーローラは、シトリンを私たちのルートチャクラに置いてくれます。

シトリンは、金色の音符に働きかけ、私たちと地球界との調和を図ります。

それにより私たちは周りのエネルギーを変化させ、色々な次元のリアリティを往復することが出来るようになります。

私たちは新しい次元のリアリティの中で、現実化の能力を高めることができます。

それにより、次元のワークがやりやすくなります。

 

第7次元から来た人は、現在・過去・未来の間を動くことが出来ます。

それにより、色々な次元のバイブレーションから情報を得ることが出来るのです。

 

第8次元は、グループソウルの次元です。

体の細胞のように全体で協調して動いています。

そしてグループアウローラは、セラフィムCグループやセラフィムKグループとも協同します。

ダイヤモンド(クリスタル)とシトリンは、協調して動きます。

和田の感想

シトリンがルートチャクラに入るというより、体と同じくらいのサイズの大きなシトリンが体の中に入っているようなイメージが浮かびました。大きなシトリンと一体になっている感覚がありました。その後、ダイヤモンドとシトリンが同時に光っているイメージが浮かびました。力強く光っている時と穏やかに光っている時がありました。レベル1から5のエネルギーを思い出すと、心が穏やかになります。また、自分に必要な事と不必要な事が良く分かるようになりました。

レベル6 ジェムグリッドゲートウェイ

ジェムグリッドゲートウェイは、グループオーロラとセラフィムVグループが関係しています。

 

セラフィムVグループから転送されたシルバーラインが、ジェムグリッドとクリスタルスカルを結びつけます。

 

ジェムグリッドゲートウェイでは、2個の小さなブルーアパタイトが両足の先の方に置かれます。

このブルーアパタイトは、ブルーアパタイト・ゲートウェイで喉に置かれたブルーアパタイトと共に、三角形を作ります。

この三角形でジェムグリッドが完成し、活性化されます。

ジェムグリッド・ゲートウェイを受ける事で、私たちは次元をまたいで現実創造をする事が出来るようになります。

和田の感想

 漆黒の闇の中でアチューンメントが行われているような感覚がありました。アチューンメント後、他の人や事柄が今までとは違うように見えています。おそらく、私の見方が変わったからではないかと思います。


ライタリアンゲートウェイのアチューンメントを受けて

ハレイの感想

ライタリアンゲートウェイのアチューンメントを受けてから現実についてのとらえ方が変化してきました。ツイッターを紹介します。

私は確かに昭和という時代を生きていたんだけど、今思い返すと妙に現実感がないのだ。本当にあれは実在していたのだろうか。本当は、今ここにあるもの以外何一つ現実ではないのかもしれない。

 

何かを求めて振り返っても、そこにはただ風が吹いているだけ

その通り、そういうものですよ。 

 

私が何を言いたいのかというと、「過去は存在しない」ということが感覚的にすごくありありとしてきた、ということである。

 

なぜ突然「風」を聴いているかっていうと、たぶん、私はいま「過去はない」という実感のある波動へと変換しているせいで、その変換にとって、この歌の持っている波動が有益なんじゃないかと思う。まあ難しく考えず、聴きたいものを聴き、読みたいものを読む、ということが最善だろう。

 

「現実のベール」の向こう側は明らかに実在する、という感覚が強まったかも。そして、そのベールが以前よりもだいぶ薄く感じられる。過去もまた、「ただ風が吹いているだけ」なのだ。本当はないものだ。本当はないというのは今の現実も同じことだが。

ゲートウェイを始めてから、宇宙への関心が改めて強くなりましたね。いろんなチャネリング情報などにも接する時間が多くなってます。それと最近イルカが気になります。イルカの見ている世界を音にしたような音楽があるのですが、それをいつもかけていて、そうすると意識拡大の状態になってしまいます。

やっている途中ではわからなかったのですが、ゲートウェイをすべて終えてみて、始まる前と自分のエネルギーがかなり変化しているのに気づきました。

 

途中から、ものすごく本を読むようになり、新しいコンセプトを吸収しました。特に気になったのが「並行現実」のコンセプトです。並行現実が間近にいくつもあり、それに飛び移ることもできる、ということがリアルに感じられはじめました。映画「君の名は。」もようやく見ました。

 

また、いままでほとんど休止していたヒーラーモードが活性化し、それまで全然申し込みのなかったワークにたてつづきに依頼がありました。それで、自分から出ているエネルギーが前と違ってきているらしいと感じました。

 

特にシリウスのワークあたりからはっきりエネルギーのシフトが起こっているようです。そこで、イルカが気になり始め、イルカ的な意識に同調しているような感じが続いています。さらに最後の方では、龍神とのつながりも意識するようになってきました。

 

ゲートウェイをやる前は、なんとなく生きていた感じなのですが、終わってみると、これからの目標が明確化したような感じでした。新たに並行現実を選び取る、というような感覚となりました。そして、「アセンション」が本当に近づいている(というか、近づくような並行現実に行くことができる)ということの「リアルさ」が出てきたような気がします。

 

マニュアルには「多次元で生きていることを自覚し、次元間を移動することが可能になってくる」などと書かれていますが、確かにその通りであるという気がしてきました。


伝授方法

伝授は、

対面、遠隔(リアルタイムまたはコールイン)電話、スカイプの4種があります。

 

対面・電話・スカイプは、誘導瞑想の形でアチューンメントがおこなわれます。

遠隔というのは、エネルギーだけで受け取るということで、ことばの伝達はありません。

電話・スカイプの場合は、ヘッドセットの使用またはオンフックでが推奨されます。受話器を手に持った状態でのアチューンメントはできませんのでご了承くださいい。


伝授の間隔

各レベルの間隔は7日以上あけることを求められています。

 

ただ、エネルギーがパワフルで変化が大きいのでライタリアン研究所は、もっと時間をあけることを推奨しているということです。アチューンメントの間隔については、お申し込みの際に相談させていただければと思います。

※ライタリアン研究所の他のワークと異なりますので、お申し込み前によくお読みください。


伝授系統

 創始者 Peggy Zeramby

→和田多紀子 Takiko Wada



時間・料金について

レベル1  14,500円

レベル2〜6

 各13,800円

一括お申込で83,500円の10%オフ 75,150円